大学生でもデンタルローンを利用することは出来るのか

  • 歯科医院からも手続きでき学生もOKのデンタルローン

    • 融資を受けたお金の使い道が決められているローンのひとつに、歯科治療費専用のデンタルローンがあります。



      デンタルローンを利用すれば、高額の自費治療も負担少なく受けることが可能です。

      このローンは、一括立替払い制のローンです。
      銀行やクレジットカード会社、信販会社などで扱っていますが、治療を受ける歯科医院から提携のローン会社に直接申し込み手続きができるケースもあり大変便利です。
      契約すると、ローン会社が歯科医院に治療費を全額立て替え払いし、患者さんはローン会社に分割の治療費や手数料を返済していくのがこのローンの仕組みです。



      歯科医院での自費治療費を分割で支払いたいということであれば、お金の使い道を問われないフリーローンを利用して治療費に充てたり、またクレジットカードで治療費を決済してリボルビング払いを選択するなどの方法もあります。

      しかし、デンタルローンにはフリーローンやクレジットカードのリボルビング払いにはない特徴・メリットがあります。
      それは、分割支払いの回数が最大7年・84回と多く設定でき、さらに医療ローンに対する優遇として、分割払いの手数料や利息が他のローンに比較して安く設定されていることです。
      歯科医院で自費治療を受けることになりローンを検討する際には、フリーローンやクレジットカードの分割払いと比較してみるとデンタルローンが有利であることがわかります。



      デンタルローンの申し込み資格はローン会社により若干異なりますが、成人で定収入のある方とされているのが一般的です。


      歯列矯正などで学生の方が自費治療を受ける場合は、保護者の方が契約者となり治療の対象者を学生さんとするか、学生さん本人がローンの契約者となって親などを連帯保証人として立てることで契約が可能です。