大学生でもデンタルローンを利用することは出来るのか

  • フリーローンより有利で学生も利用OKデンタルローン

    • インプラント治療や矯正治療、審美歯科治療などは健康保険が適用されない自費治療です。

      よって治療費は全額患者さんの負担で、保険治療からすると一般的にかなり高額になります。

      デンタルローンは、そんな自費治療の費用の負担を軽くするためのローンです。デンタルローンという名前の通り、歯科医院での治療費に使途が限定された目的ローンの一種です。ローンの仕組みとしては一括立替払いで、銀行や信販会社などローンの契約先の会社が歯科医院に治療費を全額一括払いしたものを患者さんがローン会社に分活払いで治療費・手数料・利息などを支払う仕組みです。



      歯科医院の自費治療費を分割払いするということでは、同じく銀行や信販会社などで取り扱う使途を問わずに融資が受けられるフリーローン・多目的ローンを利用して治療費に充て分割返済する方法や、歯科医院での治療費をクレジットカードで決済してリボルビング払いを選択するなどの方法もあります。
      しかし、デンタルローンにはフリーローン・多目的ローンやクレジットカードのリボルビング払いにはないメリットがあります。

      それは、医療ローンという特性に対して分割払いの手数料や利息が優遇されていて、多目的ローンやクレジットカード分割払いよりも有利な点です。



      また分割払いの回数も、有利な手数料で多く設定できますので支払いの負担を軽くすることが可能なローンです。



      デンタルローンの申し込み資格は20歳以上で定収入のある方が一般的ですが、学生の方が歯列矯正を受けるケースなどでも利用できます。

      学生の方が治療を受けるケースでは、親がデンタルローンの契約者になるか学生の方本人が契約者になって親が連帯保証人になることで利用できます。